骨粗鬆症の治療を受けて頑丈な身体にしよう!

専門医師が治療をする

医者

関節痛で悩んでいる方はもしかすると、リウマチの可能性があります。リウマチになると関節に強い炎症が起こりますので、世田谷の専門治療医院で治療をしてもらいましょう。

View Detail

もろい骨を強くしよう

医者

骨粗鬆症とは骨がもろくボロボロになる疾患です。骨密度が低くなることで起こると言われているため、骨密度の状態を良くして強くしなければなりません。骨が弱くなると骨折をしたあとに再生しづらいため、完治までに相当な時間がかかってしまいます。もしも、骨粗鬆症の方が転倒して骨を折ってしまうと、しばらく不便な生活が続いてしまうでしょう。
そんな骨粗鬆症はとくに高齢女性に起こりやすいため、女性の皆さんは骨を強くする対策を行わなければなりません。

対策をするためにもまずは、原因を知ることが先決です。骨にカルシウムが行き渡っていないと十分な量のカルシウムを吸収出来ないため、骨の新陳代謝が悪くなってしまうのです。そして、骨がもろく折れやすくなります。対策をするならカルシウムの摂取をするべきなのです。牛乳を飲むことも大切ですが、同時に煮干も食べた方がより効果的です。

骨粗鬆症の治療は、食事や運動療法、薬物療法や統合医療で行ないます。食事はカルシウムやビタミンD、Kを多く含む食品を摂取して、運動療法は腰に負担のかかる運動をします。しかし、激しい運動は余計な負担を与えてしまうため、慣らしながら行なうことが重要です。薬物療法は活性型ビタミンD3製剤や女性ホルモン製剤などを利用して行ないます。活性型ビタミンD3製剤には骨の形成を促す効能があり、ホルモン製剤には骨の吸収を抑制する効能があります。統合医療は様々な治療を組み合わせた療法のことを言います。相乗効果でより一層効果が表れるのです。
このように様々な治療がありますので、医師の指導の元行なうようにして下さい。

早期発見が重要

病院

血糖値の調整を行なってくれるすい臓にがんが出来ると、上手く機能しなくなってしまいます。ですから、早期発見が重要なのです。すい臓がんの症状を知り、適切な治療を受けることが求められます。

View Detail

4つの種類がある

看護師

心身のバランスを保つ役割を行なっている自立神経失調症は元からの方もいますが、殆どの方が生活リズムの乱れによって起こります。様々な種類のことを理解して、発症しないように注意しましょう。

View Detail